誰にでも起こりうるうつ病について知り、対策法を考える

うつの季節

うつ病になりやすい季節があります。飽きから冬にかけてはうつ病が起きやすい時期になります。日光を多く浴びて、運動を習慣化するといった方法で改善が期待できます。リラックス状態を作ることが大切です。

詳細を確認する

症状について

うつ病は最悪の場合自殺に至ることがあるため、デリケートな問題です。メンタルクリニックに相談に行くことが重要です。周りにうつ病患者がいる場合はストレスをかけないような配慮が必要です。

詳細を確認する

犬のうつ病

無気力が続く人はまずチェック│うつ病克服サイト

患者数が年々増えてきているうつ病の症状が紹介されているサイトはこちら!しっかりと理解して、病気と向き合っていきましょう。

犬がうつ病を発症する原因と症状

うつ病は、ストレスなどで何もやる気が起きず、塞ぎ込んでしまう症状です。このうつ病は人間だけに起こる精神疾患というイメージがありますが、実は近年では犬にも発症しています。 なぜ犬がうつ病になるかというと、いつも長い間留守番をさせて寂しい思いをさせることが理由です。その他にも、飼い主の機嫌がいつも悪くてストレスを与えたり、過剰に愛情表現をすることも原因といえます。 犬がうつ状態になると、いろいろな症状が引き起こされます。たとえば、孤独のために寂しそうに部屋中を歩き回ったり、何時間も遠吠えをします。その他にも、遊んでいる最中にいきなり吠えたり、しっぽを追って激しく回り始めるなどの言動も見られます。そして、最終的には自分のしっぽをかじって傷つけるようにもなります。

犬のうつを改善するには

犬のうつ病の症状を改善するには、いくつかの治療方法があります。まずは、犬を安心させてあげるために常にスキンシップをはかることです。たとえば、犬の名前を呼んであげたり、体をなでてスキンシップを行います。毎日こまめにスキンシップをすることで、犬の心は癒されて快方に向います。 その他の症状を改善する方法は、留守番を犬にさせるときは寂しくないように気遣いをすることです。たとえば、犬がお気に入りの音楽を流したり、テレビをつけておいてあげるといいです。また、大好きなお菓子を与えるのも有効です。一人で留守をしている時に音があることで、寂しい思いをしなくなります。よって、一人でも不安に感じることがなく、過ごすことができます。

うつ病は気分だけの症状じゃない

うつ病は心の病気と言い、様々な症状がみられます。意欲減退や気分の沈み込みが一般的な症状です。気分的な症状にうつ病は注目されがちですが、それ以外に身体に影響を及ぼす症状もみられます。いくら食べても食欲が満たされなかったり、お腹がすかないなど、正常な食事の摂取が困難になってくる場合もあります。食事のコントロールが難しくなり、体重の増減が出てくることで、それに付随する病気に繋がるリスクも伴います。折角、美味しい食べ物が出回るようになった現代で、食事が上手に取れないのは非常に残念です。うつ病が精神だけでなく、身体にもでてくる場合もあるので、気分のムラが自分だけで抑制できないようであれば近くの精神科を受診する事をお勧めします。

良い精神科医の探し方

精神科を受診するのに抵抗のある方が多いです。加えて精神科を専門にしている診療所は多くありません。近くの診療所に精神科がなければ、大病院にまで行く必要があります。しかしながらうつ病は時間をかけて患者の症状を聞き出す事が必要です。患者がうつ病だと思って受診した理由、どういった環境下で生活しているかなど、病気に繋がっているリスクを生活の中から見つけ出していきます。大病院の精神科の医師でもしっかり聞いてくれますが、どうしても受診する患者の数が多いので、時間においやられる可能性があります。少し足を延ばしていける範囲であれば、時間にある程度余裕のある診療所の受診が良いでしょう。それでも、精神科医との相性もあるので、受診の中で自分と合うかどうか患者側も判断しましょう。

季節限定で起こるうつ病の症状

うつ病というと気分が落ち込む精神疾患ですが、近年では季節型のうつが起こるとして問題視されています。それは、ウインターブルーといううつ病です。これは、簡単に説明すると、10月から11月にかけて発症して3月ごろに収まるというサイクルを繰り返すものです。 具体的な症状は、10月ごろに憂うつな気分が始まって自己否定的になったり、無気力感に襲われます。その他にも、人付き合いが面倒に感じたり、集中力が続かずに家事や仕事ができなくなります。また、食事で炭水化物や甘いものばかりたべてしまうなどの症状もあります。このような症状は、2月から3月ごろに治まります。 この季節型のうつ病の原因は、セロトニン不足によるものです。セロトニンは、脳から分泌される睡眠ホルモンを分泌する働きがあります。これが不足することで、概日リズムを狂わせ、精神を落ち込ませてしまいます。

うつを治療する

うつ病になった場合は、病院にいて専門の医師による治療を受けrう必要があります。抑うつ状態が進行すると、生きる気力がわかずに自殺念慮の症状が起きることもありますので、早めに病院に行きましょう。

詳細を確認する

うつになったら

うつの症状が起きるキッカケは様々あります。自覚症状が乏しいという特徴がありますが、肉体的な変化も現れますので、どのような変化が起きるかを把握しておいて自分がうつ病になった際には病院に行きましょう。

詳細を確認する

症状を知る

うつの症状は様々あります。体重の増減や罪悪感、睡眠障害、イライラといたtものです。うつ病は精神的な脆さがある人ではなく、むしろ完璧主義者の方によく起こります。うつ病患者に対して周囲が気遣ってあげる事が大切です。

詳細を確認する