うつの季節 | 誰にでも起こりうるうつ病について知り、対策法を考える

誰にでも起こりうるうつ病について知り、対策法を考える

うつの季節

冬季うつ病がもたらす症状

近頃、秋から冬にかけてやる気が起きない冬季うつ病になる方が多くいます。冬季うつ病というのは、一般的なうつ病とは違い、冬限定で起こる症状です。その症状の特徴は、まず眠気が強くて睡眠時間が長くなる、食べ物を過剰に摂取するなどの傾向があります。一般的なうつは、不眠、食欲がないという症状があります。ですが、冬季うつは反対に、食べすぎ、寝すぎという症状が多いです。また、集中力が落ちることで以前やれた仕事をうまく処理できない、死ぬことをしばしば考えるなどの症状もあります。 なぜ冬季うつ病が起きるかというと、日照時間が短くなるからです。それによって、脳内の精神の安定をもたらしてくれるセロトニンが減る事で生じます。

冬季うつを改善するためには

冬季うつの一番効果的な対策法は、脳内のセロトニンを増やすことです。セロトニンには、人の精神をリラックスさせる効能があります。よって、非常に重要な方法といえます。セロトニンを増やすのに有効なのは、日光を意識的に浴びるようにすることです。日光には、体内のセロトニンを増やす作用があります。よって、一日に数十分でも良いので、外に散歩に出たり、ベランダで日向ぼっこをすると良いです。 その他のセロトニンを増やす方法は、運動を習慣化することです。定期的に運動することで、気持ちをコントロールするドーパミンがたくさん分泌されます。運動が苦手な人は、ウォーキングをしたり、ストレッチなどをすることでドーパミンが分泌されます。

病気を改善するためには

季節型のうつ病の症状を改善するには、毎日の生活習慣を見直す必要があります。まず、セロトニンを体内で増やすために日光浴を行うと良いです。セロトニンは、太陽に当たることで自然と増えていきます。一日のうち十分くらいで良いので、外に出て意識的に太陽の光を浴びることが大事です。 その他にも、ウォーキングなど適度な運動をすることも効果的です。運動は、気分を制御する神経伝達物質「ドーパミン」を分泌する働きがあります。なので、毎日こまめに運動を行うことで、ドーパミンが気分が落ち込む症状の改善を助けてくれます。また、その他にも症状を改善するには、自分なりのリラックス法を見つけると良いです。ストレスを上手く発散することで、憂鬱な気分をなくしてくれます。