誰にでも起こりうるうつ病について知り、対策法を考える

症状を知る

うつ病の症状はどんなものか

うつ病。近年、ストレス社会と呼ばれるようになり、この言葉を耳にすることが多くなりました。学生などの間でも、うつ病という言葉は日常的に使われることが多くなりました。そもそもうつ病のうつ、とは憂鬱の鬱です。なんとなく気分がすっきりしない、なんとなく気分が落ち込むなどの症状はただ憂鬱なだけかもしれません。しかし、うつ病というのは病気であり、ただ憂鬱なだけとは少し違います。 基本的な症状は、そのなんとなく憂鬱ということから派生しますが、その他に体重が増減したり、強い罪悪感、睡眠障害、イライラなど思っている以上に多岐にわたるものなのです。症状が進行すると、自殺という最悪の結果を招くこともあり、うつ病を決して軽視してはいけません。

病気を改善するためには

前章で、うつ病の症状についてお伝えしましたが、では具体的にどのようにすれば症状を改善することができるのでしょうか。 まず一つは、病院を受診すること。うつ病はただ単なる精神の弱さであるとか、思い込みとかそういったものではありません。本人がなかなか自分がうつ病であることを認めたがらないケースも多いと言われ、またこの病気自体が真面目で完璧主義な人に起こりやすいと言われているため、なかなかそれを言い出せない人も多いようです。 二つ目は、周りの人たちが気付いてあげることです。先ほども少し述べましたが、当の本人はなかなかうつ病で病院にいきたいとは言い出せないのです。そのため、周りの人が気づき、優しくサポートすることで病院にいくことを促すことが必要となるのです。 周りの理解あっての病気改善と言えるので、病気に対して理解をもち、サポートしていくことが重要ですね。